100万単位の枠があるカードローン

財布とクレジットカード
個人事業主向けのカードローンは一般的にビジネスカードローンと呼んだりして、個人向けのカードローンと区別されます。
またカードデザインも個人事業主向けのカードローンのほうが若干豪華なものが多いようです。
 
ではなぜこんな差別化が必要なのかといいますと、個人事業主や自営業者向けのカードローンというのは、資金使途は自由であっても、個人の財布の足しにする程度の貸出枠では到底足りない場合があります。
 
たとえば急に出張が決まってしまって、飛行機とホテルを取ってそれだけで20万円くらいになってしまったような場合や、またその出張先でそのまま商品の買い付けを80万円分したような場合、これだけで100万円のお金が必要になります。
または翌月に顧客から代金の入金があるも、その入金までお店持たないような場合、つまりお店が黒字倒産する可能性があり、それを回避する為の運転資金が必要になったような場合、事業性カードローンが活躍します。
 
つまり数百万円規模の貸出枠のメリットは、事業所を維持する為には十分すぎるくらいの枠であり、また急な会社としての出費にも十分耐えうるローンカードなのです。
 
会社の規模にもよりますし、信用情報に基づいた審査結果にもよりますが、これらビジネスカードローンの平均的な貸出枠は100万円から500万円が相場ですが、カードの種類によっては800万円から5000万円程度の融資枠を持ったカードローンもありますので、より大きな資金使途にも対応することができるでしょう。


自営業者におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ