銀行の担当者と仲良くする必要はない

指でバツ印を作る女性
銀行員というのはお金とお金の流れの事実に対して肯定的なのですが、人に対しては懐疑的です。
それは同じ職場の者同士であっても仕事は疑ってかかります。
つまり彼らは総じて人を信用しません。
そのため銀行員は融資先の自営業主や個人事業主に対しても顔で笑ってても、腹の中ではお店の運営状況や店主のカードローンに関する信用情報にチェックを入れているのです。
 
どうしてそう言いきれるのかといいますと、単にそういう性格の人じゃないと銀行員という職業はやっていく事が出来ないからです。
銀行のカードローンというのは預金者が預けたお金を財源にカードローンを発行します。
つまり絶対に返してもらわないと、預金者に迷惑がかかりますし銀行の信用に関わります。
従ってカードローン利用者に対する銀行員の目は抜け目がありません。
常に徹底した信用調査を行い、焦げ付かないかを注意深く見守っているのです。
 
そのため、万が一お店の経営が上手くいかなくなった時、銀行員は無慈悲に融資を止めます。
確かにお店の経営が厳しいのは個人事業主の都合であって、銀行は無数の預金者から預かった預金をそんな危ない個人事業主に貸付けることは危なくてできないと考えるのは当然です。
 
そういった面から、銀行というところはいつでもカードローンの融資枠を止める権限を持っており、少しでも危ないと判断したらいくら融資枠があったとしても即時に融資を止めます。
はたしてそんな銀行員と心の底から仲良くする必要はあるでしょうか?答えは否。
その必要はなく表面的に良い関係をしていれば良いわけで、逆に信じきるとこちらが痛い目を遭います。


自営業者におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ