自営業者向けの危険な貸金業者

カードローンにもいろいろありますが、中には個人事業主や自営業者を騙そうとする金融業者もいない事もありません。
 
自営業者や個人事業主の中には資金需要を一刻も早く満たそうとする為に、あらゆるカードローンに対して見境なく申込する人がいますが、悪徳金融はそんな彼らの藁をも掴む心理を巧みに利用し、法外な金利を得て暴力的な取立てを行います。
 
つまりここでいう悪徳金融とは、もう大手から借りるだけ借入してしまって、もう新たに貸してくれる先のない中小企業の経営者や、個人事業主をメインターゲットとしたカードローンなのです。
こういったカードローンはかつてのグレーゾーン金利の一件で、すっかりと影を潜めてしまった感じがしますが、実際はまだまだ社会の底に蔓延っており、阿漕な商売を展開して居ます。
 
もし自営業者や故人事業主の方が資金難に陥り、あらゆるカードローンに手を付けたとしても、間違っても法外な金利を取りたてる悪徳金融には手を出してはいけません。
彼らのやり口はかつての悪徳金融の流をリアルに汲んでいる貸金業なので、関わるとそれこそ一家離散も覚悟しなくてはなりません。
 
そうまでして商売をし続けていかなくてはならないのかと考えると疑問ですし、場合によっては法的整理も視野に入れるべきではないでしょうか。
 
自営業者向けの商工ローンは数多くあり、多くの個人事業主を救ってきた実績もありますが、大手から融資を受けられなくなった時点で、清算を視野に入れるのが潔い経営者としての姿なのではないでしょうか。

このページの先頭へ