結局は返済義務から逃れられない

借りた借金が返せなくなった時、安易に債務整理の方向へ向かって動いたとしても、結果的には大きなリスクを背負わされることになります。
なぜなら、個人事業主の場合のカードローンは、一度債務整理の烙印が貸金業者側から押されてしまうと、その事実は信用情報機関を介して一定期間保存されます。
 
また債務整理にあたり、一定額の代金を担当の弁護士に支払う必要があり、その費用も支払えないのであれば、分割での支払いをすることになります。
そして晴れて債務整理や自己破産が認められたとしても、その情報を個人信用情報機関の側で保管している内は、新規の借入をすることが出来ず、どこに行っても借入することができないのです。
 
これはあくまで個人事業主や自営業者が自己破産を申し立てた時のケースであり、その申し立てが認められなかった場合は、残念ながらカードローンの残債は支払っていく必要があります。
 
また代位弁済になったとしても、借金の借主が変わるだけで、支払い義務がなくなることはありません。
つまりどんな方法を取っても何らかの形でお金を支払っていく必要があるのです。
 
それが貸金業者側になるのか、または弁護士になるのかの違いであり、借金が救済費用になるのか、それとも返済になるのかの違いあるため、これが本当に自己破産を申し立てた人に対する本当の意味での恩赦なのか疑問に感じますが、ただひとつ言える事は、どんなことをしても支払いの呪縛からは逃れることはできないのです。

このページの先頭へ