社会的信用を失っても返済する理由

ネクタイを締めるスーツ男性
本当にあなたが経営者なのであれば仮に自己破産したとしても、借金は死に物狂いで返していくのが社会的な責務です。
 
これまで日本では多くの自営業主や個人事業主が不況の煽りを受け、カードローンの法的整理の道を選択し会社や事業の整理を行ってきました。
しかしそこから如何にして彼らが這い上がるのかを見ていくと、デキる経営者には一つの共通項があります。
 
それは事業の失敗でそのまま終わっていく人は、金融機関や貸金業者も手を貸してくれず、一方で事業の債務整理で貸金業者や金融機関からの信用を失ったとしても、デキる経営者というのはその借金を全額返済しています。
それこそ死に物狂いではあったと思いますが、何としてでも返済し完済しきる傾向にあります。
 
一度自己破産をしたのに、なぜそこまでして返済するのかというと、それが貸してくれた貸金業者や金融機関に対する恩義であると彼らは認識しているからであり、たとえ自らの命を削ってでも完済します。
 
そして完済後、貸金業者はその事実に対し社会的責任を全うできる経営者であり、スランプを乗り越えるだけの力のある経営者と評価し、仮に次の事業計画を持っているのであれば、それに対して積極的にアドバイスしますし、融資の相談にも乗ってくれるようになるのです。
自己破産をしたにも関わらず、次のビジネスに対してバックアップをしてくれるのです。
 
しかし自己破産してそのままエスケープする個人事業主や自営業者は跡を絶ちませんが、しっかりとカードローンの返済をしてくれる経営者もいます。
これこそデキる経営者とできない経営者の違いに他なりません。

このページの先頭へ