担保付きの融資かどうかが重要になる

びっくりマーク
個人事業主や自営業者のカードローンが万が一、滞ったとしたら貸した側の焦げ付きになりますので、貸した側はそれを全力で回避する行動に出ます。
つまり貸した借金を返してもらうための手段に出るわけです。
 
その手段とは一般的に2種類あり、一つは債権譲渡や代位弁済という方法でこれは焦げ付き確定となった債権を別の金融業者に売り、その金融業者が変わって借金の回収に動くというもので、通常は保証会社と呼ばれる会社がその役目を受け持ちます。
 
それともう一つが抵当権の執行という方法で、高額の貸付をする際には予め、担保を取ることで万が一のリスク回避をする金融業者がいますが、このリスク回避をする為に貸し出しをする際に打つ手段として、抵当権の設定があります。
要するに貸し出ししたお金と同額の不動産を担保に取り、その貸し出ししたお金が返済できなくなった時に、担保に取っている不動産を処分する権利を言います。
 
一般的に貸した借金が返せなくなった事が決定的になると、貸した側はこの2つのいずれかで貸したお金を回収しようとするのです。
ただ前者の債権譲渡や代位弁済という手段になると、貸した側が別個に保証料と呼ばれる費用を支払わなくてはならない為、貸金業者側の負担が大きくなる為、出来るだけ担保を取っていることが貸金業者側としては手堅い代位弁済の方法となります。
 
ということは、担保となる土地と建物さえあればそれを担保として提供さえすれば、不動産の評価額に見合ったカードローンがほぼ無条件に作ることが出来ると解釈でき、逆にその不動産の評価額が低下すれば、カードローンもある日突然利用停止ということにもなりかねないのです。

このページの先頭へ