個人事業主の即金に応えるプロパー融資

個人事業主や自営業の経営者が急に多額のお金が必要になった場合、カードローンを作るよりも手っ取り早く資金の融通を得られる方法があります。
 
それが金融機関のプロパー融資と呼ばれる方法で、これは取引している金融機関の支店長の決裁で、一定額の資金を融資先の企業や個人事業主や自営業者に対して無利息で即時に現金融資することの出来る制度で、通常のカードローンのような方法ではなく、支店長権限で行われる特例中の特例手段であり、あまり表立って言われない方法です。
 
そもそもこのプロパーの制度は、企業や個人事業主が取引先に対して商品を納品しても、その代金の支払が翌月や翌々月になってしまうと、その代金を受け取るまでの間にお店の運転資金がショートして潰れてしまうとか、会社が持たないといった場合に使われる方法で、個人事業主や自営業者の求める即金に対して的確に応えてくれる仕組みです。
 
しかしこの方法で救済を受けることが出来るのは、あくまでその金融機関と強固な信頼関係があり、常日頃から互いに交流のある良好な関係が築けていることが前提になります。
 
ですからそれがない個人事業主や自営業はプロパー融資を受けることはできず、カードローンを作るしかありません。
また贔屓にしている金融機関があっても、そことトラブルを抱えていたり、互いに不信感を抱いていたりすると、この特例措置を受けることはできません。
結局はお互いの信頼関係と人間性がスランプで生きるか否かを決めているのです。

このページの先頭へ