個人事業主でも担保を求められる事がある

街並み
個人事業主のカードローンの新規申込に際して担保提供を求められる場合があります。
担保とは、平たく言いますと万が一その債務が返済できなくなった時に処分する借主の資産の事で、これは貸し出しした金額と同額、またはそれ以上の額の資産の事である事が条件になります。
つまり担保とは人質ならぬ物質です。
 
また担保として提供する物は車や宝石といった動産と、家や土地といった不動産に分けられますが、通常個人事業主に対して貸し出しをする際に提供する担保は不動産になります。
 
そしてその不動産に対して貸し主は抵当権を設定しますが、カードローンの場合は資金使途が複数にまたがることがあり、通常の担保は一つの債権に対して一つの担保を設定するものを、このカードローンの場合は、一つの債権に対してという考え方では対応できない為、貸出する極度額を貸し出しする債権と見做します。
そのため通常の抵当権であれば、債務の支払が終了した時点で抵当権は抹消されますが、その根抵当権は貸し出し残高が0にならないと抵当権は抹消されません。
 
そのため、例え根抵当権が500万円設定されており、残高が100円であったとしてもその100円を支払わなければ抵当権は執行されてしまうのです。
 
個人事業主や自営業者向けカードローンというのは、貸し出しする額がとても大きい為、貸す側のリスク回避のためこのような担保提供を求められる事は大いにしてあります。
担保の意味をよく理解し自分の提供した物件にどの担保が設定されるのかくらいは知っておく必要があります。


自営業者におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ