個人事業主が借入する際の保証人の有無

個人事業主が新規で借入する時、保証人は要るのかどうなのかという部分ですが、結論から言いますと、ノンバンク系や信販系のビジネスカードローンの場合は、保証人不要のところが多く、逆に担保提供を求めてくるところが多い傾向にあります。
一方銀行や信用金庫の場合は保証人を要する金融機関が多数であり、その上、更に担保提供を求めてくる場合もあります。
つまり万が一焦げ付いた時のセーフティネットにおいていえば、ノンバンクや信販系よりも、銀行系のほうがより手堅いネットを敷いていることがわかります。
 
ではどうして銀行や信金の方がセーフティネットに対して手堅く厳重にされているのかといいますと、ノンバンクと金融機関の貸し出しする資金の性質の違いにあります。
 
まずノンバンク系や信販系クレジットの貸し出し財源とは自社のお金です。
一方金融機関の貸し出し財源は預金者の預金です。
この2つのどちらが返済できなくなった時に被るリスクが高いかを見くらべると、自分のところの財布で貸し出ししているノンバンク系よりも、他人のお金を貸し出し資金に回している金融機関の方が圧倒的にリスクは高く、それ故絶対に焦げ付かせるわけにはいかず、しっかりとしたセーフティネットを敷いておく必要があるのです。
 
ただノンバンク系も金融機関系も貸し出しする額が大きいビジネスカードローンですので、基本的には何らかの債務保証があるものと認識しておけば、申込の際にオロオロする事なくスマートに申し込み出来るはずです。


自営業者におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ