ノーローンの自営業者カードローン

消費者金融の中でも比較的中堅クラスの会社としてノーローンがあります。
 
ノーローンの特徴はなんといっても、借入してから1週間は金利が免除されるというのが何よりも大きな特徴であり、それによって多くの顧客を獲得してきました。
 
ところがそんな順風満帆だった同社にも総量規制の波が襲い掛かり、現在ノーローンの自営業者や個人事業主向けのキャッシングサービス、またはカードローンは申込の受け付けしてない状態です。
 
総量規制とは、新規貸し付けの上限を法律で制限するもので、借入額の目安は年収の3分の1までというもので、この制限を超えたものに関しては、過剰融資と見做され貸した側が行政処分を受けることになります。
そんな状況下のノーローンは現在、個人事業主や自営業者向けのカードローンの申し込みを自社では行っておらず、親会社である新生銀行のビジネスカードローンへ新規申込振っている状況です。
 
また新生銀行に中小企業向けカードローンの受け皿を委託しているのは、ノーローン以外にもレイクもその中に含まれておりますので、仮にレイクで事業性融資をお願いしたとしても、新生銀行のビジネスカードローンにふられます。
もしノーローンの決裁で融資をお願いしたいという事であれば、事業性ではなくあくまで個人ローンの申し込みとして行くしか現状方法はありません。
総量規制やグレーゾーン金利撤廃の動きは多くの消費者金融業界に深い傷を残したのです。


自営業者におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ