ドカンと融資希望なら銀行系ローン

銀行系カードローンの強みは何といっても、大口融資に対して柔軟に対応してくれる事です。
 
また金利も消費者金融や商工ローンに比べると、格段に低金利で貸し出ししてくれますので、大変リーズナブルです。
 
ただ銀行系カードローンのデメリットとしては、審査のハードルがとても高く、なかなか貸し出しの決裁が降りないというのが、デメリットでハードルさえクリアしてしまえば銀行系や信用金庫系のカードローンほど使えるローンはありません。
 
また、もしこれから新規事業の立ち上げとか、大型機械を購入するといった設備投資費用に充てるという事が明確に決まっているのであれば、更に金利負担は軽減されます。
 
通常銀行系カードローンというのは、あらかじめ目的が定まっているカードローンに対しては、非常に低金利で融資してくれる傾向にあります。
そのためこれといった目的の定まっていないフリーカードローンにくらべ、金利は低くなる傾向にあります。
 
ただ目的が定まっているからと言って、従業員の給与の支払とか従業員の社員旅行代金といった福利厚生費用としての目的は目的ローンとして認められません。
つまり目的がしっかり定まっているというのは、会社を維持するための費用、または設備投資といった運営していく為の費用であり、人に対して支払う人件費やレジャー費用は目的として認められないので注意が必要です。
 
いずれにしても上手に使えば何かと役に立ってくれるのが銀行系カードローンなのです。

このページの先頭へ